野球・北京五輪アジア最終予選

昨日のフィリピン戦は、7回コールドで、まず1勝。
そして今日は、大韓民国戦。

先発投手は成瀬投手。左投げ投手に対して
韓国代表は、右打者を並べる打線。

1回に本塁打を打たれたけど、日本は2回に
二死から2点を取って逆転に成功!
さらに3回には、阿部選手のタイムリーで1点追加。
4回に成瀬投手が2点目をとられ、川上憲伸投手に
交代。
6回途中に、岩瀬投手に交代。
8回に追加点を入れ、4-2。
でも、その裏に1点を取られてしまったが、捕手が
阿部捕手から矢野捕手へ交代し、岩瀬投手が
踏ん張って、1点で凌ぎきった。

そして、9回の裏、上原投手の登板。
三者凡退に押さえ、日本代表は韓国代表に
勝利!

これで、北京五輪アジア代表に一歩近づいた。

いや~今日の野球は緊迫感があった。
それにしても、韓国代表のイ・デホ選手は大丈夫
なんだろうか?
死球に2回あたってる。膝下に1回。膝に1回。
避けようと思えばというより、当たりに行ってる。
いくら塁に出たいと言っても、怪我をしてまで・・・
これが韓国の野球なのか・・・と思った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック