信任?どこが・・・

戦後最低の投票率

48.80%

つまり

現政権に白紙委任した有権者が

過半数以上

これって

民主主義国家なのか?

興味がないとか

難しい

以前に、民主主義を理解していないんじゃないだろうか?

そして、この結果を見て

有権者に信任された

といえる人って

まともなのか?

むしろ、この低投票率に危機感を覚えないのか?

江戸幕府から大政奉還され

大正デモクラシーが起こっても

未だに幕府政治で、政府はお上なのだろうか?


興味を持てるような政治を

とか

もっとわかりやすい争点を

って

自分から動かなければ何も得られないんじゃない?

そして、国会にいる人たちは

この低投票率に危機感を持たなければならないんじゃないだろうか?

自分たちが「国民」の代表だと言うのならば

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント